ネコとゾンビとケータイ

映画とかPCとかスマホとか、とか。

    現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラン・オブ・ザ・デッド レビュー

2016/08/15

runofthedead

ゾンビレビュー、2連続です!

今回のお題は

「ラン・オブ・ザ・デッド」


こいつは面白かったです。

ゾンビが走る!
とにかく走る!
全力疾走!

さらには飛ぶ!跳ねる!


なんか、アニメ『プリンス・オブ・ストライド』を思い出しちゃいましたね。

POS

ストライドという、パルクールとリレーを合わせた架空のスポーツ競技で、障害物のあるコースをリレー形式で全力で走るのですが、今回の『ラン・オブ・ザ・デッド』のゾンビがまさにそれ。

走るだけじゃなく障害物を飛んだりくぐったりと、まさにストライドでした(笑)



おっと脱線。

ここからあらすじ兼ネタバレスタートです。


ゾンビ発生、事の発端は製薬会社が開発したエネルギー補給薬。
これを臨床実験として3万人に投与…



って、えーーーー!
(゚△゚;)エー!?


なんかこの時点でビックリ(笑)
そういうもんなの?臨床実験って。

run01

しかも投与した3万人のうち2万9999人の体に異常が発生。
つまりゾンビ化しちゃったわけですが、ちょっとどころか100%の大失敗ですよ。


『バイオハザード』のアンブレラ社もビックリレベルの失態です。


で、奇跡の1人というのがこの人。

run03

アンジェラ。
3万分の1の幸運の持ち主。

あ、幸運ではなく抗体の持ち主ですね、この場合。



そしてアンジェラの恋人にして水上警察官のジョー。

run04

え?イチロー?

と一瞬思いました。似てますよね?

ジョーはヤク中の少年を射殺してしまい刑務所に服役中でしたが、親友のスティーヴが保釈金を払い無事出所。



そしてもう一人の主人公、コール。

run06

超絶ブラック製薬会社の警備長。

警備長というよりは、殺人や拷問など会社の裏の仕事を引き受ける用心棒的な立場らしい。



最初のゾンビはこの人。

run07



経過観察中にいきなりゾンビ化で、飛ぶは跳ねるは噛みつくはで。

run05
run05-2

やりたい放題パルクール!

ここでもうイカレ社長やほとんどの研究員がゾンビ化し、さっそく社内はゾンビランド(笑)


そしてコールもここでゾンビに手を噛まれてしまうのですが、研究員からもらった3本の抑制剤を手に、唯一抗体を持っている可能性のあるアンジェラを探すことに。


ちなみに研究員のリーダーであろうおじいちゃん。
コールと共にゾンビから逃れ助かったのですが、

run08

コールの部下のハゲがゾンビと間違って刺殺しちゃいました。


まったく、どの映画でもハゲは余計なことしてくれますね!



run09

こっちもすげー!
パルクール。

随所でゾンビが派手なアクション見せてくれます。




アンジェラは友人のケイトと、アンジェラの兄が待つ郊外のヘリポートへ向かったのですが、途中ドッカンドッカン車をぶつけて渋滞を回避したため車が故障。

ジョーの友人スティーヴの整備工場へ向かいました。
そこでアンジェラはジョーと再開。
アンジェラを追ってきたコールさんも遅れて登場。


ゾンビに追われたバカップルも追加で、メンバーは

ジョー
アンジェラ大好き/左腕負傷中

スティーヴ
整備工場主/保釈金のため車はすべて売っちゃった

アンジェラ
抗体の持ち主/ジョーの恋人/現在妊娠中


…って、え?
ジョーとの子供らしいけど、服役中だったことを考慮すると妊娠してるのに新薬の臨床実験を受けたの!?


ケイト
アンジェラの友人/ジョーが嫌い

コール
超絶ブラック企業の暗殺隊長

インテリ系バカップル


この他、アンジェラの兄で水上警察のマットとその同僚が、ゴムボートに乗ってヘリポートへ移動中。
ちなみに同僚はゾンビに噛まれています(笑)


でもここで貴重な情報。

run10

ラン・オブ・ザ・デッドのゾンビは水が苦手らしいということが判明しました。

…逃げるとき以外あまり活用されませんが(笑)




run11

さて、整備工場の7人。

アンジェラがうっかり「ヘリは4人乗りよん♪」と口を滑らせてしまったばっかりに、いざこざが始まります。


コール
「ゾンビパニックは新薬が原因。
 アンジェラは抗体を持つ可能性」
 ↓
アンジェラ
「私、ゾンビパニックの抗体を持ってるらしいの♪」
 ↓
ジョー
「アンジェラを実験体になんかさせーん!」


アンジェラ
「私、臨床経験者。
 新薬が原因だけど私だけ異常ないわ♪」
 ↓
ケイト
「アンジェラ、それマジヤバい」
 ↓
バカップル女
「あの女ヤバいし、人多いとヘリ乗れないから」
 ↓
バカップル男
「ユー、裏切っちゃえyo-」
 ↓
ケイト
「アンジェラヤバいから閉じ込めね」


と、それぞれの思惑が入り乱れるゾンビモノならではの人間心理バトル勃発です。



あれ?
スティーヴ、ぼっちかよっ!

コールさんと共に肉弾戦闘員として活躍していたスティーヴでしたが、その立ち位置ゆえ早々にゾンビに噛まれてしまいました。


そのスティーヴを前に、コールさんのジョーに対する言葉が泣かせます。

run12

お前に人は殺せない
 目を見ればわかる
俺は何人も殺してきたが、
 お前は絶対に
俺のようになってはいけない



そしてジョーに銃を渡すコール。
親友のお前から、スティーヴに銃を渡せ。

そしてコールは、ジョーが冤罪であることもわかっているようでした。



一方、アンジェラ兄。

ゾンビ化進行中の同僚と共にヘリポートに辿り着いたのですが、肝心のヘリがフルボッコで飛べる状態ではありませんでした。
愕然とする中、ヘリの無線に着信が。

大型救助船がきていることを知った兄は、同僚ゾンビとバトりながら妹を待つことに。



7人は車でヘリポートへ移動を開始したのですが、道中いきなり車を停止させたアンジェラ。

run13


「私は行かない」



いやいや、行かないのはいいんですが、こんなとこで車止めちゃまずいでしょ(;´・ω・)

コールさんに
「君が最後の望みなんだ」

と説得されしぶしぶ了解したのですが、

run14

やっぱり来ちゃった全力疾走ゾンビさん。
ここはさっと車を移動させて逃れたからいいんですけどね。



ヘリポートエリアへは車で強引に突撃したのですが、ドッカーンとやった拍子に鉄パイプがケイトの首にグッサリ。

run15

はじめは暗くてよくわからなくて、なんでみんなケイトをチラッと見てさっさと車を降りているんだろうと思っていたのですが、ここはけっこうエグいシーンでした。


そしてゾンビに噛まれた指を切断したのにゾンビ化が進行していたカップル男。
彼を助けるためにカップル女がとった行動は、

彼を助けて!
 じゃないとこの女を殺す
そして叫ぶ!
 私が叫べばやつらが来るわよ



鬼のコールさんに足を撃たれ、動けなくなったところでゾンビにやられちゃいました。。。

残酷なシチュエーションではありましたが、胸はスッとしましたね。




さぁラスト!

残った三人と兄が再開、ヘリは壊れているが救助船がきている、そこまで行けば大丈夫だ!

ってところで、近くをウロウロしていた同僚ゾンビが再登場、ジョーとのバトル開始!

ジョーが勝ったと思ったのもつかの間、ゾンビに噛まれていました…。

「彼女を頼む」

「何を言ってるの。一緒に行くわよ」

「行けない。もういいんだ」

「また私を一人に?」

(アンジェラのお腹を触り)
「一人じゃない」


そしてコールさんがこの言葉。

run16

「正しい決断を」


コールさんも噛まれています。
抑制剤があるとはいえ、持つのは18時間程度。

アンジェラから抗生剤を作るのにどれだけ時間が必要か。
それに対し抑制剤で抑え続けられる時間はごくわずか。


残ったコールとジョー。

アンジェラと兄が無事離陸するよう、体を張ってゾンビ軍団と戦い続ける二人でした。。。

 





この映画、なかなかの良作だと思いました。

もともと全力疾走系のゾンビが好きでしたし、ゾンビのパルクールアクションもすっごく良かった。

コールさんが最初はイヤなヤツと思っていたのですが、要所要所で男気を見せてくれましたし。
まさにダークヒーローって感じでした。

run17
白ブリーフでパルクール!(笑)

runofthedead2
やっぱりイチローだよ(笑)


【“ラン・オブ・ザ・デッド レビュー”の続きを読む】
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

ザ・ホード~死霊の大群~レビュー

2016/08/15

hr00_thumb.jpg


ども、ねこまんじゅうです。

お盆なのでヒマなので(笑)、ゾンビみましたー♪

今回のお題はコレ!


「ザ・ホード 死霊の大群」


うん、たしかに大群だった、
ような気がする。
死霊はちょっと違う気がする(笑)

まぁB級なのでさらっとレビューしますね。



えーと、どんな映画だったかといいますと、

フランス作品

走るゾンビ

ギャングvs警察



ここまで言っちゃうとわかる人はわかるよねー。


ギャングと警察がドンパチやらかそうとしたところでゾンビが発生、

うっひゃー(;´・ω・)

よし、一時休戦、手を組むぞ!



な展開です。
Amazonさん解説はこれ ↓

【ストーリー】
パリ北部。ギャングに同僚を殺された警官たちは、復讐のため仲間とともにギャングの潜伏する古ビルにのりこむ。復讐劇は銃撃戦となり、血みどろの決着がつくはずだった。
そこに現れた予想外の侵入者―生ける屍の大群―により、ビル内全体が大混乱に。
この悪夢の場所から脱出するため、警官たちはやむをえず仇相手のギャングと手を組み、疑心暗鬼のなかでゾンビと死闘を繰り広げることに・・・。



こんな解説は読んでいなかったので、なぜ警察がデストロイヤーマスク(笑)をしてギャングのアジトを襲撃しているのか、途中まで「?」でしたよ。




~ここからネタバレ~


警察チームはこの4人。

hr01

左から、紅一点のおばさん顔、ボウズ、ヘタレ男、マリオひげ(笑)。

この女優さんがもうちょっと可愛かったら良かったんでけど、ガリ顔おばさんなんですもん(*´з`)


このうちの誰か(誰だっけ?)の弟がギャングブラザーに殺された敵を討ちに、自分たちが警察官ってのを無視してギャングのアジトに侵入。

途中、フロアで遭遇した管理人がわざわざ最上階のアジトまでやってきて


「この銃を使ってくれ!」

hr02

「なんだオマエ、あっちいけ!!」


このボケツッコミをギャング部屋の前でやるもんだから、



hr03

はうぅぅぅ

撃たれちゃった。。。



拉致された警察チーム。


ギャング部屋の中にはすでに先客がいたようで、

hr04


日本では今やなつかしの黒ポリ袋に顔を隠され、ジタバタしているのがしゃくに触ったのかあっさり撃たれちゃいました。


ギャングチームは何人かいるのですが、主要メンバーは

hr06

なんとかブラザー。名前忘れた(笑)
この二人に警察チームの弟が殺されたみたいですね。
つまりターゲットはこの二人。

左の兄はしっかりもののリーダーですが、右の弟は強がりのビビり屋。
兄の存在が大きいのでしょうね。
兄のようになりたいけどビビり屋なんで大声を出して虚勢を張る。という、この手の映画では典型的な人(笑)


あとは花柄シャツの派手なフレンチ野郎。

hr05

なんかコイツ、格闘戦にめっぽう強くて、ゾンビを相手にしてもなかなかやりおるんですわ。


あと他のギャングメンバーは割愛。
前半でゾンビ化しちゃうから(笑)



で、先ほどワーワー騒いで撃たれちゃった黒ポリ袋の男が、さっそくゾンビ化。

hr07

おおぅ!強そう(笑)

そして噛まれたギャングも次々とゾンビ化。
いつの間にか部屋の外にもゾンビが。

いい展開です♪

なぜいきなりゾンビ化するの?とか、そんな細かいことはB級にはヤボなツッコミですよ。



ギャング部下も部屋の外(さっきの管理人含むwww)もゾンビだらけの中、逃げた先の屋上に広がっていたのがこの光景。

hr08

スッゲー安っぽい絵(笑)

まぁ中でドンパチやってたすきに外ではすごいことになっていた、ってことで。



ここまでで生き残ったのは、

警察チーム
・おばさん顔
・マリオひげ
・ヘタレ男(ギャングに足撃たれた)

ギャングチーム
・ブラザー兄(リーダー)
・ブラザー弟(ビビり屋)
・花柄フレンチ


そして新メンバーが、この人。

hr10

イカレたベトナム帰りのヒャッハーじいさん。


そしてとりあえずじいさんの部屋で酒盛り開始。

hr11

主要メンバーチームは新規加入のヒャッハーじいさんとマリオひげとブラザー二人、花柄フレンチです。



一方、この主要メンバーとはぐれてしまった、警察チームのおばさん顔とヘタレ男(足撃たれてる)。

こちらがよくわからないことでモメておりまして。
ヘタレ男がおばさん顔を銃でぶん殴り、そのすきに主要メンバーチームへ合流。

ヘタレ男、やったぜ♪

と喜んだのもつかの間、遅れてやってきたおばさん顔が、モメごとの延長戦でヘタレ男をいきなりズドン!


何に怒ってるんだかわからんけど、
ワタクシあんま興味ない(笑)

 




さて、後半戦。

と思いきや、ブラザー弟が花柄フレンチにそそのかされ。

hr12

それではここで、その時の会話を一部再現してみます。


弟「オマエなんかクソどもと仲良く死ねばいい」

兄「こいつ(花柄)が入れ知恵を?
  信用するな。俺は兄貴だ」

弟「兄なんかいない。
  ずっと俺をバカにしやがって。
  ママは正しかった」(ん?)

兄「お前は弱い。
  自覚してるだろ、
  俺がいなかったら死んでいる。
  そいつはお前を救えないぞ」

花「聞くなボラ(弟)、お前の味方は俺だけだ」

兄「俺と一緒にいろ」

弟「断る。俺だけ助かってやる」


兄よりすぐれた弟なぞ存在しない!」




あ、ごめんなさい!
調子に乗って余計な一文を入れてしまいました!

最後の兄のセリフはありません!
違う作品の兄のお言葉ですっっ!



もちろん、こーいう勝手な行動をとるヤツはゾンビ化決定ですけどね(笑)



ラストが近いですが、その前に。

hr13

一階入り口に集まったゾンビの大群と、それをボーッと眺めるメンバーたち。

いやそのガラスドア、絶対破られるんだから早くその場から立ち去ろうよ(・ω・;)

…というお決まりのパターンは外せない(笑)



そしてラスト。
圧巻なのはこのシーンです。


hr14
hr15

さすが「死霊の大群」というだけのことはある!

…死霊ってのは納得イカネーっすけど。


仲間を逃がすため車の上でゾンビを引き寄せるマリオひげ。

銃を撃ちまくり、弾がなくなると大型ナイフで切りまくる。

いつか絶対、ゾンビに足をとられワラワラ~ってパターンになると思うのですが、なかなか粘るヒゲのおっさん。



…ですがやっぱり。
奮闘もむなしく、最後はゾンビにワーーーーッ!でした。。。
(´;ω;`)ウゥゥ

hr16



残ったのはヒャッハーじいさんとブラザー兄、そしておばさん顔。

ここでじいさんが大活躍!
せまい通路で機関銃の一層射撃。

hr17

そして手榴弾でゾンビもろとも自爆するという、最後に男気を見せてくれましたよ!


これでブラザー兄とおばさん顔の二人は無事ゾンビマンションから脱出したのですが、ここで最後に胸クソなラストにしたおばさん顔。

hr18

最後の最後にかたき討ちで、ブラザー兄を殺しちゃった…。

この二人がイイ感じになって逃げ切る展開だったらハッピーエンド…ではないか。
ブラザーとおばさん顔だもんなー。


ということで、所詮はB級なゾンビ映画でした。

hr19

hr20

マリオヒゲとブラザー。
こういうつながりでしたか(笑)


・・・って、
監督、そんなこと絶対
狙ってないし(笑)


【“ザ・ホード~死霊の大群~レビュー”の続きを読む】
関連記事

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

ポケモンgo対応スマホの対応周波数帯を調べたよー

2016/07/25

POKET20160714485112_TP_V

 

ぐはっ!!

なんと、ねこまんじゅうさん愛用のスマホ、国産にしてSIMフリー、そして置くだけ充電Qi対応の、存在自体が希少種!
わが『SH90B』がなんと!

Screenshot_2016-07-23-14-40-10
「対応しておりません」
(´;ω;`)ウゥゥ

 

AndoridのOSバージョンが足りないんです…
4.4以上なのに4.2しかないんです…
シャープさん、1,2回アップデートしたきり放置プレイなんです…

MVNOでテザリングするのでSIMフリーが必要、
(MVNOでキャリア端末だとテザリングできないので注意です)、
Qi対応、できれば国産機!

ってことでこの「SH90B」一点張りで、危険を冒してまでヤフオクでゲットしたんですが…



もうね、国産スマホは買いませんよ!ええ。

ということで今回は、もうおわかりですね。
そう!


「ポケモンgo専用機をゲットだぜ!」

…専用ってわけじゃないですけど。
さらに、まだゲットはしてないです(笑)




ゲットするためにいろいろスマホを調べていたのですが、ではここでちょっとだけポケモンgoについて。


Android限定の話ですが、まずはOS
先ほど書いたように、4.4以上は必須です。

そしてRAMが2G以上
いまどきではポケモンgoに限らずスマホ最低条件みたいなもんです。

あとはジャイロセンサー
よりリアルにゲームをするためにこれが搭載されていること。

おまけで、intelCPU以外
asusのZenFone2などatomを搭載しており非対象の機種ではあるのですが、プレイ可能になったという情報がいくつも見られますので、大丈夫かと。




ということでそれなりの端末をピックアップしてみたのですが、まぁ各端末とも一長一短。
う~ん、とスペック表をみながら悩んでいたところ、いつもは注目しない項目に目がとまりました。

「対応周波数」


これって、新しめの周波数帯以外はほとんど対応しているんじゃないの?

と思っていたのですが、違うんですよ!

キャリア端末であれば気にする部分ではないのですが、ターゲットは海外製のSIMフリー端末。
そやつらが日本の周波数帯に適合しているのか、これ端末によって全然ちがうんです。


「海外でそこそこ人気だったから日本でも売っちゃるか!」

なんて半端で持ち込まれた日にはもう、
都心部でしか使えねー
圏外祭りだー

なんてことにもなりかねません。



ということで、主なMVNOのdocomoが使用している周波数帯と、各端末が対応している周波数帯を表にしてみました。

もちろん、端末はポケモンgo対応としてジャイロセンサーもOKなものを選んでいます。




表の説明ですが、「Band」というのが周波数帯。
各Bandで使っている周波数…〇〇MHzとかは省略しちゃいます。

上段が3G、通話時に使う周波数帯です。
LTEが圏外のときのデータ通信で3Gを使うこともあります。
遅いですけどね。
docomoではFOMAと呼んでいます。

下段がLTE。
4Gとか、docomoではXiとか呼んでいます。
データ通信はここに注目。


ちなみにdocomoの使用Bandで3GのBand19のみ白抜きにしています。
これは、今はLTE用に変更中の周波数帯でして、現在は3Gではほとんど使われていないそうです。

あとBand21はどの端末も対応していませんが、この周波数帯を使用しているのは日本だけということですので、海外製端末ではほぼ対応してないでしょう。


Band 1 3 6 19 21 28  
Docomo   3G   3G 3G      
    LTE LTE   LTE LTE LTE  
Asus ZenFone2         32,800
  楽天
freetel REI       29,900
      freetel
HUAWEI P9       59,800
    DMM/楽天
mate S       79,800
    楽天
honor6 Plus       45,800
        楽天
ZTE BLADE V580       27,800
       
AXON mini       34,800
       

G05
(BladeS7)

      49,800
      OCN
Motorola Moto G4 plus           35,800
    DMM/楽天


3GもLTEも、Band1がdocomoのメインバンドとなります。

LTEのBand3は速度対策用(Band1より高速)で都心部中心の東名阪バンドと呼ばれる帯域、Band19はエリア対策用(郊外や山間部に強い)です。

Band28はまだエリアは一部ですが今後増えていくと思われるエリアです。


ちなみに価格は定価で、参考として載せました。
freetelではアウトレット品としてREIも5,000円OFFで売っていますし、楽天で扱っている端末もキャンペーンで安売りされています。



さて、各端末についてですが、この中で「きびしー!」と思ったのはこれ。


HUAWEI  honor6 plus

K0000778123

バンド19に対応していないんですよ!

都心から一歩も外には出ねーよ!というのであればいざ知らず、ポケモンgoであちこちお出かけするのならバンド19は欲しいところ。
もしかすると同じ800MHz帯のバンド6でカバーできる可能性もありますが、3Gですからねぇ。



あとはこれ。


Motorola  Moto G4 plus

Moto-G4-Plus-leak1

3Gのバンド6がないのは厳しい。

せっかくバンド28に対応しているんですから、3Gも頑張れば良かったのに。
ちなみにこの端末、デュアルSIMですが2つのSIMを同時使用することが可能です。


ところで、バンド6が受信できないとなると3Gですので通話は圏外とみなされてしまいます。
ただしLTE用のバンドも合わせて利用できる場所であればデータ通信は可能となります。

つまり、データ通信専用で利用しようとする場合はそこまで深刻な問題にはならないんじゃないかなー?というのが私の見解です。

~7/31 追記~
その後このmoto G4 plusについて調べたところ、なんとBand6のFOMAプラスエリアに対応していることが判明しました!
仕様上は3GのBand6に未対応ですが、実証の結果使えることがわかったようです。




さて、この2機種が除外となるとバンド21以外すべてをカバーしているZenFone2か。

product

でもintelCPU非対応とうたっているポケモンgoですから、ちょっと怖いですね。




HUAWEI  P9/mate Sはカンペキ仕様ですがいかせんお値段がお高い(笑)

huawei-p9-1
HUAWEI P9

huawei-mate-s-2
HUAWEI mate S




あるいは、バンド28はまだまだ先!と割り切ってZTE3兄弟か。

st_zte-02
ZTE BLADE V580

ZTE-Axon-mini-now-in-UK-for-Price-£200-min
ZTE AXON mini

g05
ZTE G05 (Blade S7)




freetel REIという選択も全然アリだと思います。

freetelrei

スペック的にはフツーなんですが、デザインが素晴らしいんですよ。

特にこの部分に、私は惹かれました。

rei_pic_04
アルミ素材のエッジ部に、紗綾形(サヤガタ)模様のフロントパネル。
デザイン重視で選ぶならこの端末ですね。


あと、REIはポケモンgoに完全対応と公式サイトでうたっています(笑)




値段はもちろん抑えますので3万円台まで。

ZenFone2はちょっと心配なので除外。

freetelのREIにすごい惹かれたのですが、ネットのレビュー記事で良いと悪いが半々ぐらいだったので泣く泣く除外。

ZTEのAXON miniが、名前が時計メーカーのNIXONみたいでかっこいいのですが、これと言って惹かれる部分がなかったので除外。

カメラ機能重視とデータ専用ということなので、そうなるとmotorolaのmoto G4 plusかなぁ?
ただこの端末、日本ではつい最近発売されたばかりなのでちょっと様子見しようかと。


ということで、いまだにポケモンgo未プレイです(笑)

au

20150515_723038

2137529i
ちょっとケータイショップ行ってくる。


関連記事

テーマ:携帯節約 - ジャンル:携帯電話・PHS

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。